メキシコの給料日

こんにちは、ふじいてつろうです。
メキシコに来て、2ヶ月以上になりますが、
何かずっと前からいるような気持ちです。

残念ながら、スペイン語は
あまり分かりませんが、
それでも簡単なあいさつや、
相手が何を伝えようと
しているかなど、
なんとなく理解できています。

今から5年ほど前に
初めてメキシコへ来た時は、
メキシコ人はみんな
英語が理解できるのだろうという
先入観を持っていました。

仕事での連絡や
入国時のやりとりなど
英語が通じるので、
大丈夫だろうと
安心?していたのですが、
現実はキビシイ!ものでした。

メキシコでは
一般的に
生徒は学校で
英語を勉強するのですが、
それは日本と同じように
中学校など、ある程度
年齢がたってからだそうです。

そのせいなのかもしれませんが、
確かに英語が理解できないという
顔をする人たちがたくさんいますね。

それでも最近は便利なもので、
Google翻訳のようなツールを
活用して、必要最低限の
意思疎通ができるようになりました。

わたしも使ってますが、
結構便利です。
ただ、インターネットにつながっていないと
使えないということや、
翻訳された文章が本当に正しいのかどうか
判断できませんから、
少し不安になりますけどね・・・

それでも、ないよりマシですからね。
ちなみに、英語では、

Something is better than nothing.

と言います。

あまり関係なかったかもしれません。
失礼しました。

さて、今回は
メキシコでの給料日について
お伝えします。

メキシコでは
給料日が月2回あります。
これは、法律で定められています。

毎月1日と、月末の2回、
給料がもらえる、ということです。
でも給料が倍になるのではありませんので、
誤解のないように・・・

日本でも、例えば、人材派遣会社では
2週間に1回の支払いとかいうのは
ありますが、
メキシコでは、月給者であれ、時給者であれ、
すべて、月2回に分けて給与が支払われます。

これって、なぜだと思いますか。
少し考えてみてくださいね。

その間に、少し話題を変えて、

次の写真をご覧ください。

↓↓↓

これは、タコスです。
タコスには
いろんな種類があるのですが、
今回は、生地である
トルティーヤが硬い、
チップになっていて、
その上に、野菜などを
のせて食べるタコスを
ご紹介します。

トルティーヤは
センベイみたいなのですが、
それだけでも
意外と美味しいというか
歯ごたえがあって、
結構食欲をそそります。

そのトルティーヤの
上に、野菜をのせて
味付けには、マスタードのような
からし?などを使います。
塩をかけるというひともいます。
結構いけますよ。

さて、それでは給料日の話題に戻りましょう。

メキシコでは、給料日が2回あります。
月初と月末の2回に分けて、
給料を支払うことが
法律で定められているのですが、
これはなぜでしょうか。

答えは簡単です。
メキシコ人は、お金があれば
あるだけすぐに使ってしまうからだそうです。

なんだ、そうなの?
って思われたかもしれませんね。

昔の江戸っ子みたいですね。
宵越しの金は持たない!
ということがひとつのステータスになっていて、
本当はお金がなくて大変なんだろうけど、
そんなことを微塵も感じさせないような
テレビドラマや映画なども
作られていますが、
現実にそんなことがあるんですね。

わたしも最初その理由を聞いた時には、
そんなばかな??って思いました。

でもよくよく考えてみれば、
メキシコ人って
陽気で、
気さくで、
面倒見がいいんです。

そんな国民性からすれば、
やはり給料は一度に全部ではなく、
2回に分けてもらうほうが
お金を貯めるというよりも、
お金を使わなくて済むのかな?って
納得しました。

そんな環境ですが、
いつでも
どこでも
できる
アフィリエイト
がんばっています!

アフィリエイト
の基本を学ぶには、こちらをおすすめします。
ご興味がありましたら、ご覧になってください。

↓↓↓

メキシコのバレンタインデー

 

こんにちは、ふじいてつろうです。
メキシコに来て、数ヶ月が過ぎました。
当初は時差ボケに悩まされながら、
それも体内時計が現地時間と一致して
解消されました。

食事はほとんど毎日、タコス、
というのではありませんが、
結構いろんなタコスを楽しんでいます。

 

残る課題は、何と言ってもことばですね。
スペイン語はこれまでちゃんと習ったことが
ありませんでしたので、
それこそあいさつ程度のカタコトで
ごまかしています。

それでも毎日、なんとか生活できているなんて、
やっぱりなんとかなるもんなんですね。

とはいうものの、現地の生活に馴染むまで
やっぱり結構な時間がかかりました。
日本とは生活環境が全く違いますから、
というふうにしか表現ができませんが、
簡単に言えば、メキシコでは
わたしは外国人になります。

どこにいっても、ほとんど注目されてしまいます。
そんな有名人じゃぁないのに、とも思うのですが、
メキシコ人にとっては、
外国人というか、アジア人が特に珍しいようです。

わたしが住んでいるサンタカタリナ市は、
モンテレイの工業都市群の一部ですが、
そのモンテレイ市には、韓国の自動車メーカが
進出しているので、そんなにアジア人が
珍しいこともないはずなんですけどね・・・・

どうもいろいろと現地の人に
話を聞いてみると、
韓国自動車メーカが進出した工場周辺に
事実上の韓国人街ができあがっていて、
そこからあまり外には出たがらないようですね。
ひとむかし前の日本人みたいですね・・・

もっとも日本人はこの地域では、数えるほどしか
いないようですから、
人数が増えると、同じことをするかもしれませんね。

いずれにせよ、そんな少数派の日本人なので、
どこに行っても珍しがられています。

それでもバレンタインでーには
ちゃんとチョコレートではありませんが、
プレゼントをもらいました。

 

 

 

まぁ、義理チョコのようなもんですね。

そんな環境ですが、
いつでも
どこでも
できる
アフィリエイト
がんばっています!

アフィリエイト
の基本を学ぶには、こちらをおすすめします。
ご興味がありましたら、ご覧になってください。

↓↓↓

メキシコの朝食

 

 

 

こんにちは、ふじいてつろうです。
メキシコでの生活にも慣れてきましたが、
どんな時にも重要なのは、
やっぱり食事ですよね。

 

もしもあなたが会社員ならば、
毎日
朝食もそこそこに
満員電車で、あるいは
交通渋滞の道路を運転して
出勤されているのでは
ないでしょうか。

私が住んでいるモンテレイでは、
もちろん通勤時間帯の
交通渋滞はありますが、
比較的苦労せず、
通勤しています。

これがメキシコシティーであれば、
別なのかもしれませんが、
通勤時間は片道20分程度ですから、
日本と比べて、非常に楽ですね。

 

また、企業によっても
違うのでしょうが、
私が勤務している会社では、
工場は別にして、
事務職の場合、
朝8時から9時の間に
出勤すればいいので、
遅刻する、という概念が
ありません。
もちろん、いつもより
出勤が遅くなる場合は、
事前に、あるいは
出勤途中で
連絡しますけど、
あまりその必要もないような
反応でした。

 

 

 

 

 

一般的に
メキシコ人は、
朝食を2回取るそうです。
出勤前に軽く食べて、
会社についてから
10時ごろに
本格的な朝食を取る、
というのが
標準的な?メキシコの
朝食だそうです。

そのためなのでしょうか、
昼食時間帯は
昼の12時からではなく、
午後1時から2時ごろに
なっています。

その関係からか、
会社近くのレストランも
朝6時から11時までと
午後1時から
営業するところが多いですね。

朝からこんなホームメイドの
ケーキが食べられるっていいですね。

↓↓↓

メキシコでの朝食は、
2回ということならば、
太り過ぎないか
気になりますよね・・・

そんな訳かどうかわかりませんが、
昼食を抜いたり、
夕食を取らなかったりする
メキシコ人がけっこういます。

それよりも
一回の食事量を減らせば
いいのでしょうが、
どうもメキシコ人には
そのような考えは
ないようですね・・・・

なにせ、こんな美味しい
タコスがたべられるのですから!!

 

そんな環境ですが、
いつでも
どこでも
できる
アフィリエイト
がんばっています!

アフィリエイト
の基本を学ぶには、こちらをおすすめします。
ご興味がありましたら、ご覧になってください。

↓↓↓

 

それではまた!

Adios!

メキシコ人にとってUberとは?

こんにちは、ふじいてつろうです。
メキシコでの生活にも慣れ、
ずっと前からここにいるような感覚ですが、
まだ3ヶ月にもなっていない滞在です。

不思議なもので、住めば都という
日本のことわざのように、
最初は食事はどうかな、とか
ことばがつうじないしな、とか
消極的なことばかり考えいました。

それでも、メキシコに来て
住んでみて、だんだんと
周りの環境に慣れてくると、
それまで見えなかったというか
気が付かなかったようなことが
充分に認識できるようになりました。

これまで何回か説明していますが、
Uberという交通手段、これは
日本で言う個人タクシーのようなもので、
ドライバーのひとりひとりが、
一日の時間を決めて、
乗客を拾っています。

世界的にも注目されたしくみですから
あなたもご存知かもしれませんね。
日本でこのUberがなかなか普及しないのは、
法的な規制があるためだと言われていますが、
確かにそれは本当です。

日本ほど安全に厳しい国はありませんので、
どうしても乗客の安全第一を前提とした
認可制度というかしくみが必要となってきます。
そのしくみが、自由競争を前提とした
Uberのようなしくみの参入を妨げています。

もっとも最近の日本は、自動車業界での
安全や品質検査に関する虚偽事件など、
その信頼そのものが揺らぎつつあるので、
果たして既存の安全第一のしくみが
本当に安全なのか、という別の議論も
出てきそう位ですけどね・・・・

 

 

さて、メキシコでは
Uberがかなり普及しています。
タクシーよりも安価で、チップも要らないという
しくみそのものが
利用者に広く受け入れられているからでしょうね。

また、日本のように、
仕事として、乗客をのせるために
普通二種免許というのも必要ありません。
ただ、自動車の運転免許があって、
自家用車を所有していれば、
だれでもUberのドライバーとして
登録して、すぐにでも
仕事を始められるようです。

安全面からは、かなりの不安な要素はありますが、
そこはメキシコ人特有のおおらかさで、
受け入れているようですね。

Uberのドライバーには、
運転を専業としている人、
運転を副業としている人、
がいます。

専業ドライバーは、
タクシーのドライバーでもあるのですが、
料金メータを搭載していない自家用車を
運転しています。
その車自体、外見は普通の車ですから、
乗客を乗せているとは誰もわかりません。
日本の個人タクシー同様、
運転手さんの自営となりますが、
日本のように、「個人タクシー」という
看板もありません。

もともとはどこかのタクシー会社で
運転手をしていて、
Uberのドライバーに登録してから
自分で営業している人たちです。
何人かの仲間が集まって、
会社組織とまではいかないまでも
それに近い状態で、
協力して営業している、とも言えます。
稼ぐ手段として、
Uberのドライバーもすれば、
利用者との個人契約という場合もあります。
上手にUberのしくみを
活用している、といえるでしょうね。

副業ドライバーは、
たいてい昼間は別の仕事があって、
勤務時間終了後に、
数時間Uberのドライバーとして
仕事をする、という人たちです。

将来的には、専業ドライバーを
目指している人や、
単なる副業としてだけの人などがいます。

わたしも一度、街なかで
タクシーを利用したことがありますが、
Uberと比べて、
運転手は
親切ではない、
目的地までの道順がわからない、
また、
その道順を調べようともしない、
そして、
料金が高い
という印象しかありません。

タクシーに限ってはいませんが、
メキシコでは、
本来の料金とは別に
チップを払うことが慣習となっています。

Uberではチップは必要ありませんが、
気持ちよく乗せてもらったということで、
チップを払う乗客もいます。

タクシーの場合は、
乗客がチップを払うのは
当たり前とう認識ですから、
運転が荒っぽくても、
運転手が不親切でも
チップを払わなければいけません。

そんな不公平感もあって、
メキシコでは
Uberが普及してきたのではないかと
思います。

そんな環境ですが、
いつでも
どこでも
できる
アフィリエイト
がんばっています!

アフィリエイト
の基本を学ぶには、こちらをおすすめします。
ご興味がありましたら、ご覧になってください。

↓↓↓

それではまた!

Adios!

 

 

メキシコのインターネット事情

こんにちは、ふじいてつろうです。
メキシコに来て2ヶ月足らずですが、
すっかり?こちらの生活に慣れてしまって、
日本にいたときのような、
時間に追われる生活から開放されています。

このまま日本に戻らなくてもいいかな?って
考えてみたりするのですが、
やはり日常の生活が結構大変ですので、
ホームシックとまではいきませんが、
時には日本の生活が懐かしく思えてしまう
今日このごろです。

いつでも
どこでも
できるアフィリエイトだからこそ
日本を遠く離れた
メキシコでも
ちゃんと取り組んでいけてるのですが、
気になるのはインターネットの
接続状況です。

こちらに来た当初は、
インターネットが日本と同じように
使えるのだろうか、など
不安もありましたが、
まったく心配いりませんでした。

料金的なことは
まだ調べていませんが、
接続に関係する快適さでは
むしろ日本より良いかもしれません。

会社では、WiFiを使って無線接続していますが、
ひとたび街に出ると、データ通信での接続になります。
これが非常に安定していて、といっても
具体的にどのように安定しているかということが
説明できないので、申し訳ありませんが、
体験すれば納得できるほどだとお考えください。

スマートフォンという電話を持っていても、
親しい人たちの間では
電話ではなく、WhatsAppというSNSで
連絡を取っています。
日本ではLINEが主流ですが、
メキシコでは、
WhatsAppが普及していて、
個別に連絡をするのに
とても便利です。

日本だけなのかもしれませんが、
LINEは個別の連絡手段といよりも
むしろインターネットビジネスの
宣伝手段として使用されている比率が
高いのではないでしょうか。

SNS本来の目的は、
友達同士の
個別の情報伝達ですが、
今やその目的から
逸脱して
あまりにも多くの
ネットビジネス関係の
宣伝手段として
用いられているような印象を持っています。

WhatsAppで同じようなことは
やろうとすればできるのかもしれませんが、
基本的にはできない、というか
やれないようです。
つまり、相手に電話番号を伝えて
WhatsAppに登録してもらうので、
見知らぬ相手に対しては、
心理的な抵抗があるからです。

もちろん、仕事においても
連絡手段としてWhatsAppを
使っています。
それは、ひとつは
通信費用の削減であり、
文字が残りますので
相手に正確な情報を
伝えることができるからです。

そんな環境ですが、
いつでも
どこでも
できる
アフィリエイト
がんばっています!

アフィリエイト
の基本を学ぶには、こちらをおすすめします。
ご興味がありましたら、ご覧になってください。

↓↓↓

それではまた!

Adios!

こんなはずではなかったのに!!?

こんにちは、ふじいてつろうです。
わたしは現在メキシコにいますが、
いつでも
どこでも
できるアフィリエイトを
実感しています。

日本にいる時は、インターネットを
充分に活用して、
メルマガやブログなど
準備できていたのですが、
メキシコではどうだろうと
こちらに来る前は少し不安でした。

しかしながら、その結論は
何も心配いりませんでした。
唯一、いろいろな説明文が
日本語ではなく、スペイン語なので
理解できずに不安になることもありますが・・・

でもそれって、当たり前ですよね。
日本じゃないんだから、というふうに
頭では理解していても、
やっぱり戸惑ってしまいがちです。

 

 

それから、サーバーへの接続が
突然拒否されたりすることもあります。
特に、IDなどを入力する必要のあるサイトへは
日本国外からのアクセスというのは
受けつけないようになっているんですね。

その場合は、VPNを利用して、
アクセスするようにしています。
Virtual Personal Network つまり
仮想プライベートネットワーク
を使うことで、ある程度は
日本と同じようなインターネット接続が
できるようになります。
便利な時代ですね!!

そんな環境ですが、
いつでも
どこでも
できる
アフィリエイト
がんばっています!

アフィリエイト
の基本を学ぶには、こちらをおすすめします。
ご興味がありましたら、ご覧になってください。

↓↓↓

 

それではまた!

Adios!

 

 

 

サラリーマンは気楽な商売と言うけれど・・・

こんにちは、ふじいてつろうです。
わたしは今、メキシコにいます。

いつでも
どこでも
できるアフィリエイトに取り組んでいます。

サラリーマン時代は、企業に務め
勤務先が仕事に対する誇りになっていて、
寝ても覚めても仕事、仕事、のことばかり
考えていました。

ひょっとしたらあなたも同じかもしれませんね・・・

今の時代は仕事に対する価値観が違うので、
仕事イコール会社、とはならないようです。
また、ひとむかし前ならば、
会社イコール一生の仕事、だったんですけどね・・・

バブル経済全盛の時代には、
企業戦士ということばが象徴するように、
会社人間が最高の評価を受けていました。

それがひとたび
バブルが崩壊すると、
今度は個人の能力主義が注目され、
バブル経済時代に大企業にいたというだけで
容易に転職できた人たちには
冬の時代が訪れました。

大企業の部長だった人たちなど、
会社の名前と肩書が頼りだった転職組にとっては、
本当の実力が問われるようになりました。

個人の能力(というよりも
どちらかと言えば、実績なのですが、)
主義により、人事考課が決まるという
それまでとは180度異なる価値観が
積極的に導入され、いわゆるリストラが
始まっていきました。

少し話がそれますが、
当時わたしは外資系の船会社にいました。
そこで結構専門性の高い仕事をしていましたので、
どちらかと言えば、標準化できない仕事内容で、
人事考課を目的に、組織上の上司と
個別面談をするのですが、
わたしの仕事を上辺だけで判断しようとする
上司と口論になったことがありました。

その時に主張したのは、
「わたしの仕事を評価するには、
わたし以上にこの仕事に対する知識と経験が
必要である。残念ながら、あなたはそれが
欠如している。したがって、あなたの
わたしに対する評価は意味がない。」
ということでした。

今考えれば、もう少しうまく立ち回っておけば
よかったのに、と我ながら思うのですが、
そこは血気盛んな年代??でしたから、
完全に相手に喧嘩を売ってしまいました。

当然わたしの人事考課は最悪でした。
しかしながら、同様の主張を
今度は人事部に対しておこない、
結局わたしの人事考課は
うやむやになってしまいました。

このようなことも今は良き思い出になっています。

 

 

 

 

さて、会社依存の仕事から
個人依存の仕事に変わろうとしている今、
わたしは個人事業主として
アフィリエイトに取り組んでいます。
まだまだ、左うちわ、とはいきませんが、
安定した成果がでるように頑張ります!

メキシコに来て、人々の生活を肌で感じていると、
そこには個人個人の仕事に対する姿勢を
認識することができます。

つまり、会社に対する忠誠心という是非は別にして、
仕事をするために必要なのは、何と言っても
人間関係です。
言い換えれば、信頼関係ですね。

どんな仕事もそうですが、
信頼関係がなければ、良き成果はでません。
会社対会社の信頼関係を築くには、
個人対個人の信頼関係を築くことが必要不可欠となります。

そこから派生しての合法的な
儲け話的な話題も
実現することもあります。

これって、どこか
アフィリエイトの
展開に似てるんじゃぁないかなと
思っています。

相手の顔が見えるか見えないかの
違いはありますけどね・・・・

そんな状況ですが、
いつでも
どこでも
できる
アフィリエイト
がんばっています!

アフィリエイト
の基本を学ぶには、こちらをおすすめします。
ご興味がありましたら、ご覧になってください。

↓↓↓

http://friendm1.com/primeboost/156/

それではまた!

Adios!

 

 

 

 

サラリーマンは気楽な商売なんでしょうか?

こんにちは、ふじいてつろうです。
さて、メキシコでの生活も3ヶ月目になりました。
住めば都と言いますが、このくらい長期になると
都どころか天国?と地獄?のような
経験をしたっておかしくない??のかもしれませんけど、
そのどちらも経験せず、安定した毎日を過ごしています。

メキシコに来て、物価事情とかもわからなかった当初は、
必要最低限の現金だけを財布に入れて、
買い物などは、カードで払っていました。

カードを使うのは今も変わりませんが、
現金というか、小銭をいつも持っておかないと、
結構困ります。

それは、チップですね。
買い物をしても、チップを払います。
レストランで食事をしても、チップを払います。
タクシーというか、Uberを利用しても
チップを払います。
Uberは基本的にはチップを気にする必要がないのですが、
気持ちの問題として、何かチップをはらわないといけないなぁ、
ということで、はらってしまうのです・・・
タクシーならば、当然のように払わないといけないんですけどね。

このチップですけど、
結構頭が痛いのです。
別に体調不良で頭痛になるというのではなくて、
領収書が取れない性格の費用ですから、
支払いの根拠となる証拠が取れないということで、
頭が痛い、つまり悩んでしまうのです。

サラリーマン時代には、もちろん海外出張がありまして、
出張精算では領収書がないと経費と認めてもらえない、
という社内規則に悩まされたことがあります。
事情を知っている経理担当者なら、
こうすればいいとか、アドバイスをしてくれるのですが、
なにせ国内の出張も経験のない経理の人たちには
それを期待できません。

海外出張の経験がある上司だと、
領収書はないけど、チップを支払った日付と金額を
メモ書きで揃えるように指示をもらえるんですけど、
そんな経験のない上司だと、
冷たく門前払されることもあるでしょうね。
そんな上司は自分が同じような経験をして、
困ってしまえばいいんですよ!

おっと、少し過激な発言になりました。
すみません。

個人事業主となった今、
チップで困るのは、領収書がない、ということですが、
最近は、食事などでは支払う際に
チップはどうしますか?
と尋ねられる場合もあります。
つまり、チップも含めて精算してくれるので、
助かるといえば助かりますが、
そんな店ばかりじゃぁないので、
やはりこまめにメモを取るしかないでしょうね。

なぜ領収書にこだわるかといえば、
わたしは個人事業主なので、
確定申告をする必要があります。
収入に対して所得税がかかりますから、
必要経費としてこれだけの支出がありましたという
証明をして、できるだけ所得税の対象となる
金額を低く抑える必要があります。
いわゆる控除額を増やすということですね。
そのためには、領収書が最適です。
領収書がなければ、メモで記録しておくことが
次の手段ですね。

サラリーマン時代なら、
確定申告ではなく、年末調整で
一律控除額が決まっていましたから、
そんな心配などしなくてよかったんですけどね・・・

そんなことを比べてみて、
やっぱりサラリーマンは気楽な商売?なんでしょうか・・・

ちょっとそうではないように思えています。

つづきは次回。

そんな状況ですが、
いつでも
どこでも
できる
アフィリエイト
がんばっています!

アフィリエイト
の基本を学ぶには、こちらをおすすめします。
ご興味がありましたら、ご覧になってください。

↓↓↓

http://friendm1.com/primeboost/156/

それではまた!

Adios!

サラリーマン時代を振り返る

 

 

 

こんにちは、ふじいてつろうです。
わたしは今、メキシコで生活しています。
どうじてメキシコに来たかといえば、
勤務していた会社を定年退職になって、
再雇用や再就職ということも
日本では厳しく、
これまでの自分の仕事での経験を
活かせる場所と機会を求めていたら、
メキシコでの仕事が見つかった、
ということです。

 

簡単に言えばこのようになるのですが、
定年退職後に探し始めたのではなく、
定年の2年ほど前から再就職先を
探し始めました。
もちろん、個人事業主として
アフィリエイトに取り組むということも
同じ時期に考えて取り組み始めました。

 

再就職先につきましては、
いわゆる転職となりますので、
職業紹介会社に登録し、それなりの
職種に応募したのですが、
ことごとくダメでした。

面接までたどりつくことはなく、
どちらかと言えば、
職業紹介会社の担当者の判断で、
年齢という理由で
門前払いされてしまっていたと
思います。

 

言い換えれば、
どんな大企業で
それなりの立場で
仕事をしていても、
その人の
一般的な市場価値というのは
社内での価値とは
全く違う、ということです。
特にわたしのように
定年退職を間近に控えていれば、
なおさらですよね。

 

少し話がズレますが、
もちろん企業の役員など
上層部での立場のひとであれば
別なのかもしれませんけど、
それでも
主観的な価値観と
客観的な価値観とは
全く異なってしまう、
ということです。

 

これは定年前だけではなく、
一般的な転職活動にも
当てはまります。

自分の仕事に
かなりの自信があればあるほど、
そのギャップに戸惑い、
こんなはずではないというか、
自分はできるんだ、という
プライドが邪魔して、
問題の本質を見失ってしまう
場合がほとんどですね。

 

そんなプライドもあって、
転職した企業で働き始めても
しばらくすると、
こんなはずではなかったのに、
というようないってみれば
わがままな、自分勝手な
価値観で自らの転職先を
批判したりして、
辞めてしまうということもあります。
これが典型的な転職の失敗例です。

 

話を元に戻しますが、
そのような日本国内での
厳しい転職状況では、
とても定年後の仕事を確保するのは
ムリだと思いました。

日本がダメなら海外はどうだ?!という
非常識な発想で、
以前から仕事で付き合いのあった、
メキシコの会社の社長に相談しました。

相談というか、お願いというか、
「定年になったら、一緒に仕事をさせて
くれませんか?」というふうに
電話で伝えたのですが、
即答で「OK」してくれて、
こちらがびっくりしました。

その後、定年1年前に直接あって
再度確認をしたのですが、
「だめな場合ははっきり伝えるから、
心配しないでもいい。」ということで、
私の定年後はメキシコで仕事をする、
という道筋が決まったわけです。

これについては、
これまでの私の仕事に対する
取組姿勢や成果などから
学歴とか職位とか関係なく
どんな仕事ができるかで
判断してくれたようです。

このように仕事では
人間関係というか
信頼関係が一番重要なんだということを
思い知らされました。

 

また、個人事業主という立場での仕事、
つまり、ネットビジネスについても
以前から興味があって、
その当時は、ネットビジネス=アフィリエイト
という認識でしたので、
アフィリエイトについていろいろと
調べました。

何をどのようにしていくのか、
そのためには何が必要なのか、
いろいろと試行錯誤しながら、
現在に至っています。

 

 

そんな状況ですが、
いつでも
どこでも
できる
アフィリエイト
がんばっています!

アフィリエイト
の基本を学ぶには、こちらをおすすめします。
ご興味がありましたら、ご覧になってください。

↓↓↓

http://friendm1.com/primeboost/156/

 

それではまた!

Adios!